なかなか取れない身体の痛み、麻痺でお悩みの方

リハリーサポートは、文京区千駄木にある女性専門の小さな鍼灸マッサージ院です。『痛み』や『麻痺』、からだの『不調』でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

※男性は、ご紹介の方のみ対応させていただきます。


①大学病院に所属する鍼灸マッサージ師


本郷三丁目に所在する東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部の鍼灸部門にて臨床研修実習を受け、現在も登録診療員として同病院に所属する女性鍼灸マッサージ師が施術を行います。

 

~脳血管障害(脳卒中)後遺症~

東京大学医学部附属病院の鍼灸部門では、鍼灸師が臨床を行いながら治療に関する研究等を行っています。

私が研修1年目で発表させていただいた研究は、『脳血管障害(脳卒中)の後遺症による片麻痺と鍼灸』です。現在、本邦で『脳卒中』は死因の第4位とされており、介護が必要となった原因疾患では第1位とされています。その脳卒中の後遺症による『片麻痺』に焦点を絞り、鍼灸治療がどのように寄与していけるのかを研究いたしました。

 

~腰部脊柱管狭窄症~

2年目で発表させていただいたのは、『腰部脊柱管狭窄症による腰下肢痛緩和の症例』です。

 

『脊柱管狭窄症』の診断を受け、腰下肢痛に苦しまれている方にも、日々多くお会いしています。私が施術を担当させていただいた中で、症状が著しく緩和した方…症状緩和があまり思わしくない方…さまざまな方がいらっしゃいます。経過の違いはなぜ生まれるのか?同じ『腰部脊柱管狭窄症』でも、何が違うのか?それらを調べるための研究です。

 

東大病院 鍼灸部門のホームページはこちら↓ぜひご覧ください★

http://acputh.umin.jp/info.html

②対象となるのはこんな方

病院に行ってもなかなか取れない身体の痛みや不快感を抱えている方。

そのほか、

・手や足、首や腰に痛みがあり、薬を飲んでも症状が残っている方

・脊柱管狭窄症と診断され、足にしびれがある方

・脳血管障害の後遺症により、麻痺が残ってしまい歩きづらい方

なども対応していますので、まずは一度ご相談ください。

※歩行困難な方(車いすや杖を利用している方)は、保険適用で訪問マッサージ・鍼灸治療が受けられる場合がございます。

詳しくは↓こちら↓

③施術後の外見的な変化(個人差があります)

■女性 20代

【変化】身体のねじれ、猫背、肩の位置の左右差

※撮影時には、無理なく自然に立つようにしていただいています。

【変化】首から肩上部にかけてのライン

■女性 60代

【変化】下肢(足)のむくみ

※施術中は跡のついた位置までもう一度靴下を上げた状態にしていただき、撮影時のみ靴下を下にずらして撮影しています。

▼注意▼

外見的な変化には個人差があります。

施術によって脂肪が減少するということはありません。

④女性鍼灸マッサージ師による鍼灸マッサージ院

施術はすべて、女性鍼灸マッサージ指圧師が行います。小さな部屋ですが、室内は和の雰囲気が漂う、落ち着いた内装になっています。女性の方に安心して施術を受けていただける空間づくりを心掛けております。

リハリーサポート鍼灸室

〒113-0022

東京都文京区千駄木2-7-5

常北マンション601号室

 

【受付時間】予約制

月~木曜日:9:00~12:00

      13:00~19:00

土曜日:13:00~19:00

(定休日:金曜日、日曜日、祝日不定休)

TEL:

080-6873-4397

(留守番電話の場合はお名前とご用件をお願いいたします。)

 

E-mail:

rehary.sapport@gmail.com

(メールは24時間受け付けております)